立川市で新築に住むこと

東京のベットタウン、立川市は交通の便も良く永住するのに相応しい場所です。中央線の特別快速電車が停車し、山梨方面へ向かう特急電車の停車駅でもあります。南北に伸びる多摩都市モノレールも通っていて、人の行き交いが多く活気のある街となっています。駅の真上には2つの駅ビルが接続されていて美容院やマッサージ屋さん、クリニックもあります。改札を出ない駅中部分にも有名スイーツ店等がオープンしています。元々、駅から数分の所に有名デパートが二店舗あったのですが、最近では駅前の開発が更に進み、大型家具店やフィットネスクラブ、映画館が出来ました。立川市駅から歩くこと10分程度で、膨大な面積を誇る昭和記念公園に到着します。昭和記念公園では、毎年食べ物を中心としたフェスタが開かれたり、多摩地区最大級の花火大会が行われたりしています。便利で快適な街立川市で、気持ち良い新築に暮らし、新しい生活を始めてみてはいかがですか。

立川市で新築買うなら資産価値よりも日頃の現実を

新築の住まいを買う時に考えるべきことはたくさんあるけど、基本は遠すぎる最終的な資産価値よりも日頃の現実を考えなければなりません。東京では一戸建てかマンションか、そして都心か郊外かで悩むところですが、この手の議論で常に出てくる1つは資産価値となります。その資産価値では将来売りに出した時に高い値段で売れる売れないとか、早く売れる売れないとかといった議論になるわけですが、売れる売れないは建物の状態と経年とそのときの需要や経済状態で決まりますから不確定な要素が強すぎて単純な答えは出せません。もしそのような売るときの資産価値やそのリスクをやたら気にするのであれば、最初から新築でも賃貸住まいで暮らすべきとなります。それよりももっと大事なことは日頃の現実となります。その日頃の現実でどちらが金銭面と居住性の両面で快適に暮らせるかが焦点となります。それは個人差があるためにマンションで暮らしたければマンションでもいいし、一戸建てにしたければ一戸建てにすればいいだけの話です。ただどちらも立川市周辺ではあまり住宅の価格差はありません。なお家を買えば税金を払わなくてはならないし、住宅の管理や修繕もそれなりに行わないとボロボロになって見た目も耐久性も落ちてしまいます。マンションだから管理を人任せにしておいてもいいという考えは賃貸だけにするべきであり分譲マンションも人任せでいると、その建物は一戸建てよりもスラム化の危険に陥ります。

立川市で新築の住宅を購入する魅力

住宅を購入するときに重要になるのが、どの地域に住まいを持つかという点です。この点を考えるときに、立川市と言う地域には、非常に大きな魅力があります。閑静な住宅街であり、また買い物など生活に必要な部分を考えるときにも、有利な条件が揃っている地域と言っても過言ではありません。住宅を購入するときには、積極的に検討していきたいところです。また、住宅を購入するときの選択肢として、新築かそれとも中古で探すかと言うところも考える必要なあります。中古の場合には、既存の住宅を買うという点で、いろいろな地域を選択することが可能になりますが、新築の場合にはその条件が厳しくなります。その点をしっかり考えて、住宅選びをしていくことが、納得できる住宅を購入することができ、また満足することができる生活を送る空間を手に入れる事にもなります。