買い物にレジャーに便利な立川市周辺で新築一戸建て

中央線沿線は東京方面のベッドタウンとして昔から人気があり、吉祥寺駅が連続して「住みたい街No1」になるなど注目の沿線です。一戸建てを持つなら中央線沿線でと希望している人も多いでしょう。しかし吉祥寺駅は人気が高いし、購入するならもう少し安い駅でと、考えている人にお勧めの駅が「立川市駅」周辺です。立川市駅はプールやバーベキュー場もある昭和記念公園が目の前にあり、最近では北欧家具の大型店やショッピングセンターが開業するなど生活に便利な施設が揃っています。立川市北駅から多摩モノレールを利用すれば小田急線や京王線方面への移動にも便利です。立川市駅から徒歩15分圏内で土地面積80~90平米の新築一戸建てなら4千万円後半から5千万円台が相場となっていますが、モノレールを利用したり、駅からバスなどを利用する場所であれば3千万円台でも新築一戸建てが見つかるようです。

立川市駅周辺の新築マンション

立川市駅のある中央線沿線は都心への通勤に便利で昔から人気の沿線ですが、最近は沿線の駅の中でも新宿から快速を利用して40分弱で到着する立川市駅の人気が高まっています。立川市駅前には広大な敷地を持つ昭和記念公園があり子供とのレジャーに便利ですし、駅にはショッピングビルもありましたが、さらにここ最近人気の北欧家具を扱う大型家具店が出店したり、モノレールで2駅の立飛駅前には250店舗からなる大型ショッピングセンターがオープンするなど、ますます注目が集まっています。そんな立川市駅周辺で新築マンションの相場を調べると、駅から徒歩10分と近い地域では3~4LDK、80平米の物件で5千万円から6千万円程度となっていましたが、駅からバスやモノレールを利用するなど少し離れた地域では3千万円後半から4千万円台の物件も見つける事ができました。

立川市で家族で暮らすための新築住宅の需要とは

立川市は交通の便が良く周辺に多くの学校があり、都内の企業に通勤しやすい場所にあるため新築住宅を購入して生活の拠点にする方法が増えています。物件を探す時は今後の生活のスタイルを決め、長く安心して暮らせるように決めると便利です。立川市周辺で新築物件を探す時は最新の不動産情報を確かめ、長く安心して暮らせるように場所を選ぶと満足できます。不動産情報は最新の動向を確かめて土地の価格の動向や物件の間取りなど今後の収入の状況を踏まえて生活の拠点となる場所を探すために活用し、インターネットを使って検索すると便利です。立川市で家族で暮らすための新築住宅の需要は人口が増え続けているため高く、満足して過ごせるように決めると役立ちます。物件を選ぶ時は最適な時期を探せるように最新の不動産情報を確かめ、今後の生活を有意義に過ごせるように決めると効果的です。